ヤマハのAVアンプのRX-S601を買ったぜ!

シェアする

YAMAHAのAVアンプのRX-S601

もうすごい!なにこれ!AVアンプか!
良いスピーカーって言うのはこう言う物なのか!

前回の記事で薄型テレビのスピーカーは微妙だ、と言うのを書いたと思う。
テレビ自体は2ヶ月前に買ってからのレビューなんだけど、
RX-S601は2週間くらいでのレビューだ!

AVアンプって言うのは映画とかの5.1chサラウンドとか7.1chとかの音声を各スピーカーに適切に出力するための機械である。
なので『ブルーレイ→AVアンプ→テレビ』みたいな接続の仕方になる。
しかしARC対応のHDMI接続って言うのをしていると『ブルーレイ→テレビ→AVアンプ』や『テレビ→AVアンプ』と言う接続も簡単にできる。
詳しい説明が難しいんだけど、適当に繋げても動くって言うこと!

で、肝心のAVアンプだけど、これだけでは役に立たない。
スピーカーを買って接続をしなければならない。
こっちは次の記事で書こうと思う。

薄型のAVアンプ

なぜヤマハのRX-S601にしたかというと、薄型のAVアンプがこれくらいしか販売されてなかったんだよな。
パイオニアのVSX-S510って言うのもあったんだけど、
ヤマハの方のネットに繋がるって言う機能が超便利だったのよ!
マジでヤマハの方を買っていて良かったよ。高かったけど。

薄型じゃなかったらONKYOとかDENONとか他にも色々のメーカーがたくさん出していて、
音の初心者にはサッパリ違いがわからない世界から選べる。
そっちはそっちで楽しそうだね。

余談だけど、シアターバーって言うAVアンプとスピーカーが一体になった様な物も存在するんだけど、
こっちは拡張性もあまりないし、何よりサラウンド感が小さく、
テレビのスピーカーの拡張の域から出られないらしい。
安上がりにテレビの音を良くするには最適なんだけどね。
同じ値段なら断然AVアンプとスピーカーらしい。

で、ネット接続の何が便利かって言うとタブレットやスマホからAVアンプが操作出来る。
ボリュームとかイコライザとかそう言うの。
そしてネットラジオが聞ける。
BGMで適当に流しとくのにちょうど良い。これはスピーカーの性能にもよるかな?

他には2.1chのスピーカーで疑似サラウンドが出来たり、
ヘッドホンを使えばサイレントシネマ機能でこれまた疑似サラウンドに出来たり、
iOS系やBluetoothでスマホやPC、タブレットから音源(mp3)ををデータで飛ばせたり、
ハイレゾ音源が再生出来たりする。
本当にハイテクだな。

水戸黄門とかのドラマも良い臨場感で楽しめるぜ!
スピーカーの記事の方も楽しみにしておいてね!

コメント

  1. ひさしぶり毛 より:

    アンプ買ったんだ‼スピードとかアクション系の映画見ると迫力あって良さげやねー。今ならスターウォーズかな。
    次のワールドカップか東京オリンピックは星光さんとこでパブリックビューイングやね。ドイツのユニ来てくわ笑
    YAMAHAいいよねー。僕のバイクもYAMAHAだよ笑。YAMAHAのマークは音叉三つ重ねたマークなんだよね。

  2. hosimitu より:

    映画見るの楽しみだわー。マッドマックス借りに行こうかと考え中。
    サブウーファーって言うのを導入したらスゴイらしいね。

    パブリック(?)ビューイングかもんだぜ!
    今部屋1つ余ってるからな(笑)泊まりで来いよ!布団が無いけどね!
    僕はイングランドのユニ捨ててしまったぜ┐( ̄ヘ ̄)┌ もうボロボロだったからな。

    ヤマハの音楽とバイクは音叉のマークが一緒だけど、YAMAHAのフォントが違うらしいよ!