新しいテレビの『KJ-40W700C』を買ったよ

シェアする

KJ-40W700C

今まで人から貰った三洋の古いテレビを使っていたんだけど、
スプラトゥーンをするようになって画面を小さく感じるようになった。
なので心機一転新しいテレビを買った。
調べたところによるとFPSって言うジャンルのゲームはテレビの応答速度が重要らしい。
東芝のレグザが一番速いらしいんだけど、もう今はね。

そして次に良さげだったのがソニーのBRAVIA。
ブルーレイディスクレコーダーはパナソニックなんだけど、発色の良さでソニーにした。

僕が買ったのは『KJ-40W700C』で今は730Cって言う型になっている。
40インチのテレビ。
でかいぞ!

昔のテレビとの比較

昔は21インチのテレビを使っていた。
比較でかなり大きいことがわかるだろう。
テレビの大きさによって視聴距離って言うのが決まるんだけど、
その計算から言って40インチが最適だった。
しかも前後もめちゃうす。

光を反射しているところがテレビね

ちょっと見にくいけど反射しているところがテレビね。
画面の枠は1cmくらいじゃないかな?
台座を入れるともっと大きいけどね。

HDMIも4つ付いているのでWiiUとかレコーダーを繋いでも余る。
この辺が地味に便利だった。
あと、アマゾンプライムやニコニコ動画等をテレビだけでネットに繋いで見ることが可能。
これもかなり楽しめる要素だとおもう。

ただ、最近のテレビ全般に言えることなんだけど、
アマゾンプライムとかテレビ欄とかのテレビ内機能の応答が非常に遅い。
リモコン押してから1秒待ってやっと表示みたいな感じで凄くもっさりしている。
新型になってもたぶん変わっていないんだろうな。そんな気がする。

あと音がスゴイ貧弱だった。
水戸黄門を見てたんだけど、セリフが裏の音に紛れてしまってハッキリ聞き取れなかった。
個人的に致命的に感じる。
ボイスズームって言う機能が付いているんだけど、補完し切れてないのかな。
これも別にBRAVIAだけじゃ無くて薄型テレビ全般に言えることらしいんだけどね。
薄型はスピーカーが小さくなるので宿命らしい。

徐々にテレビ周りを強化していくぞ!