椎間板ヘルニアのためにエンボディチェアを買っていた

シェアする

ハーマンミラー社のエンボディチェア

今から約1ヶ月前にエンボディチェアというオフィスチェアを買っていた。
上の写真がそのエンボディチェアだ。
みんなはアーロンチェアって言うのを聞いたことあるかな?
エンボディチェアはそのアーロンチェアを作っている会社である『ハーマンミラー』が作っている最上位の椅子の一つだ。

実は今現在、僕は椎間板ヘルニアと言う病気を患っている。
まじ痛いよ。
と、ヘルニアという病気は筋肉の衰えとか骨格異常で背骨の中の神経が圧迫されてしまう病気。
神経が直接痛めつけられるので、その痛さは防げない。

僕は家にいる時は基本的にパソコンの前の椅子に座っていることが多い。
ここで椅子に座るという行為なんだけど、実は上半身の体重が直接腰に襲いかかる姿勢なのだ。
つまり椎間板ヘルニア持ちは座る姿勢がキツい。座ることが多い人は腰を痛めやすい。と言うこと。
ここでオフィスチェアの出番。

椅子には座椅子とか、ロッキングチェアとか色々な形があって、
その目的もコタツを利用するためとか、くつろぐためとか色々ある。
オフィスチェアはパソコンがしやすい様に作られている。
具体的には今回は省略するけど、腰椎のサポートがあったり、長時間座っても腰や尻が痛くならないようになっている。

エンボディチェアを後ろから

エンボディチェアは腰のサポートの他に体圧分散の機能がある。
そしてさらに背もたれがウニョウニョ動くのだ。

背もたれに拡大!

この謎の骨格みたいなのが重要。
これで有機的に変形していくのだ。
それにより背中を預けた時の効果が違ってくる。
まさにヘルニアには打って付けの椅子というわけ。

今回は大塚家具というお店で購入した。
実際に店舗に行って試座してきたのだ。
エンボディチェアだけで無く、アーロンチェアやバロンチェア、エルゴヒューマンの椅子なんかを全部座ってきた。
中には40万近い椅子もあったよ。

そしてわかったことは一つ。
座り心地の違いがさっぱりわからないと言うこと。
感触はもちろん違うんだけど、それが良いのか悪いのかがさっぱりわからない。
普段30点くらいの椅子に座ってる僕には99点と100点の違いなんてわかるはずも無かった。

なのでその辺は好みだと思う。
インターネットで感想とかが沢山書かれているけど、
10~20万する椅子を買ってダメだったと簡単に言えるようなリッチマンはもっと高い椅子を買うもんね。

値段が出たところで実はエンボディチェアの値段は最低でも18万円くらいする。
標準品で20万円オーバーだ。
アーロンチェアも最低16万円くらいする。
今回は大塚家具で購入したんだけど、色々あっておまけして貰って15万円強に押さえて貰った。
この値段は流通とかの関係から絶対この値段になるというのは保証してないよ。
ちなみに大塚家具ではアーロンチェアの最低価格が12万強くらいだった。
インターネット上でも沢山の店で椅子が売られているけど、大塚家具はその中でもダントツ安いと言える。

そしてこのエンボディチェア、保証期間の次元が違う。
テレビとかの家電ではだいたい1年、店舗の保証で5年くらいが相場だと思う。
しかしハーマンミラー社の保証は12年なのだ!!!
普通のオフィスチェアは1年くらいが相場らしい。
12年とか想像できないね!
赤ちゃんが中学生になっちまうぜ!

そんなエンボディチェアの公式ページはこちら
一応下にAmazonのリンクを張っておくけど、上でも書いたように家具屋さんに行って試しに座ってみるのが良いと思うよ。

コメント

  1. かみゃ より:

    ヘルニアはリアルに大変だな。少しでも改善されることを願うよ。

  2. hosimitu より:

    ありがと。
    今は一時期に比べてだいぶましになってきたよ。
    今の目標は筋肉を付けて自然なコルセットみたいにすることだ。
    しかしながらお腹は今現在2個に割れてる。上下のな!やばい!

  3. anonymous より:

    エンボいいよね
    ボクも椎間板ヘルニアンでアーロン買う気満々で店行ってエンボの契約して帰りましたよ
    ポリッシュバランスファブリックなんですけど、座面が滑るので座り直しが何度も必要ですけどね