エンボディチェアを修理に出した | 星光のつれづれ日記

エンボディチェアを修理に出した

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今から約9年前にエンボディチェアという高級な椅子を買った。
当時で15万くらいだったかな?
これはハーマンミラーという会社が作っていて、アーロンチェアと同じところである。
保証が非常に長いことで有名だ。
買ったときの記事はこちら。

肘置きの赤丸部分が破れている

修理に出すきかっけになったのは椅子の高さを調整するガスシリンダーが調整できなくなったからだ。
通常時でマックスに高くなって、座ったら一気に下がるという感じ。
上で保証が長いと書いたが、ガスシリンダーのところだけ2年間保証だった。
つまり今回の修理では有償だった。

この椅子を買った大塚家具に連絡した。
見積もりをとって貰った結果、ガスシリンダーの調整は31625円だった。
肘置きが破れていたのは保証内で無料だった。

大塚家具に関しては修理中に変わりの椅子を貸して貰える。
代わりに来たのはアーロンチェアだった。
エンボディチェアに慣れているからだと思うけど、余程パソコンに集中する時以外はエンボディチェアの方が使い勝手が良さそうだった。
ずっと画面に向かって打ち込むならアーロンチェアも良さそうだった。

修理が終わって帰ってきた

同じような角度で分かりづらいけど、しっかり修理されて帰ってきた。
時間的には2~3週間かかると思って貰えば良い。
修理に出しただけで、特段掃除されて帰ってくるとかは無かった。
あと9年くらいはもってくれると助かるなぁ。