冬なのでパナソニックの卓上IH調理器を買った | 星光のつれづれ日記

冬なのでパナソニックの卓上IH調理器を買った

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
KZ-PH-33-K

冬と言えば鍋!
鍋を机の上でグツグツさせるためのIHヒーターを買った。
ガスコンロで土鍋をグツグツさせるのが理想なんだけど、賃貸だとカセットコンロは少し怖い。
ただし最近は災害への備えもありガスコンロと非常に迷った。
しかしながら今回はパナソニックの卓上IH調理器『KZ-PH-33-K』を購入した。
その理由とか使い勝手をレビューしていこうと思う。

テカテカの天板

なぜIHにしたかというと、消し忘れが怖いかな~と思ったからだ。
冬はこたつに入って、こたつの上で鍋を食べる。
そんな状態でお酒を飲んでお腹がパンパンになったら次はもう寝るだけだ。
と言うわけでガスコンロでは無くIHクッキングヒーターを購入した。
火力に関してはガスコンロと違って鍋の底の全面で伝熱するので逆に加熱が速いかも知れない。

ジオプロダクトの片手鍋

IHの注意点として使えない鍋の素材がある。
今の時代のものだと大半の鍋が使えると思うけど、上で書いたような土鍋は使えない部類だ。
この辺は注意して買おう。

最後にこの機種を選んだ理由を書いておく。
調べて貰えばわかるけど、有名どころのIHクッキングヒーターはパナソニックの商品かアイリスオーヤマの商品となる。
基本的な火力として1000Wあれば十分だと思う。
ガスコンロで言う中火プラスαくらい。
このパナソニックの商品は75W~1400Wまで行ける。
普通の家の延長コードとかは1500Wくらいまでだと思うので、1400Wを使う場合はたこ足にしないようにしないと火災の原因になり得る。
逆にそれくらい火力があれば鍋も冷蔵庫から出して沸騰まで持って行きやすい。
またこの商品は一発で1000Wまで落とせるので便利が良い。
グツグツを維持する火力調節がしやすいのだ。

温度が上がりすぎるのを防ぐ機能や、スイッチの切り忘れ機能もあり使い勝手も上々と来ている。
IHクッキングヒーターとしては少し高い部類だと思うけど、まんべんなく性能を有しているのでオススメだと思う。