阪神競馬場へ行ってきた

そんなわけで友達と二人で阪神競馬場へ行ってきた。
この日は10月1日で『天下一品の日』だったので、昼飯はラーメン屋の天下一品へ行った。
天下一品の日はラーメン無料券が貰えるんだよね。

さて本題へ。
兵庫の宝塚には阪神競馬場と言う競馬場がある。
ここはかなり綺麗に整備されており、
遊びに行くだけでもちょっと楽しいかも知れない場所だ。
でもその目的は馬を見に行くことなんだけど。

この阪神競馬場、入場料が200円必要だ。
入場チケットを買って入場すると、
すぐそこはパドック場があり出走前の馬がクルクル回っている。

僕のイメージでは競走馬はもっと大きな体躯をしていると思っていたんだけど、
実際はもっとスマートで、猛々しさよりスラッとした印象を受けた。

パドックが終了すると次はコースへと場所が移る。
阪神競馬場では芝がコースの最外なんだけど、
ほんの数メートル前まで近寄れる。
これがかなり壮大な感じでワクワクする。
左右の広がりも大きく、電光掲示板のサイズも驚くほどだ。
正直レースに興味が無い人は空いている時に来る方が良いと思ったほど。

とは言うものの、ここは競馬場。
賭けないわけには行かない。

人生初の馬券を買った。
その名も『ニンジャ』!
このニンジャ、2番人気である。
しかし着順は7番・・・。
順調にお金を減らしていく。

その後のレースも賭けてみたのだが、ことごとく敗走。
そして最終レースでは一回は当てたいと思い、
100円で単勝(1着を当てる)を1口、複勝(3着までに入ればOK)を4口買った。
これで当たらないと何をしに来たかわからない。

結果は単勝と複勝が1口づつ当たり、
合計500円かけて480円に増やせた。
単勝の当たり馬券はこれだ!

レース結果はこちら
100円で賭けてたのが170円になった。
まぁ単勝だしこんなものかな?
むしろ複勝の方が100円が310円となったので、
そちらの方が当てた気分を味わえた。

そんな感じで阪神競馬場での一日は終わった。
昼の3時前くらいから5時くらいまで居た事になる。
そろそろ寒い時期になるので、遊びに行くなら上着を持って行った方が良いだろう。