ヌメ革の財布にミンクオイルを塗ってみた | 星光のつれづれ日記

ヌメ革の財布にミンクオイルを塗ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヌメ革のメンテナンス一式

ヌメ革の財布は手入れをすれば長持ちするらしい。
ただ、僕の財布は人生初のバイト代で買った15年物。
それまでノーメンテナンスで、革が乾いてしまっている。
それに経年劣化で色が変わっているね。
その状態でオイルを塗ったりしても効果があるのかなってことでメンテナンスしてみた。

今回使った革のメンテナンス用品はこんな感じ。
記事の下にamazonのリンクを張って置いたので参考にしてね。

  • 汚れ落とし液
  • 汚れ落とし液用の拭き取り布
  • ほこり落とし用のブラシ
  • ミンクオイル
  • ミンクオイルを塗りつけるためのブラシ

メンテナンス前の品はジーンズの色が移っていたりしたので、汚れ落とし液(ステインリムーバー)でちょっとだけ汚れを取った。
縫い目とかのホコリをブラシで落としたあと、ミンクオイルを塗った。
あとで気付いたんだけど、ミンクオイルを塗りおえた後に染み込んでないミンクオイルを拭き取る布が必要だった。
この時はキッチンペーパーを使ったのかな?

汚れを取った後にミンクオイルを塗った

そんなわけで汚れを取った後にミンクオイルを塗った。
塗る前はまだクリーム色っぽかったのだけど、塗った瞬間に茶色になった。
よくネットで見る経年劣化後って感じだ。
一瞬で色が変わりすぎてこれで良かったのかはわからないけど(笑)

実際の所ノーメンテナンスで15年ほどもっている。
そしてほつれたり破れたりもしていない。
物持ちが良すぎ説があるけど、この調子でいけばあと15年はいけるのかな?
記憶では2,3万くらいの財布だったはずなのでコストパフォーマンスは抜群だね。

今後もまた気が向いたときくらいにメンテナンスをしよう。