BLOOD-(ブラッドマイナス) | 星光のつれづれ日記

BLOOD-(ブラッドマイナス)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はちょっといろいろあったにゃん。
授業が休みだったので、暇だったのね。
だから男の人と一緒に初体験しちゃった♪
友達とかに聞いてた通り、血が出ちゃった。
やっぱり少し痛かったよ(PД`q)

つまるところ、献血してきました。
サークルの部室に行って、男の後輩を一人拉致って僕と二人で献血してきた。
住所とか年齢とか書いて、400ml献血した。
なんか男は強制400mlらしい。
女は200か400か選べるらしいんだけどね。
別に400吸われても特に問題はないそうだ。
血液検査もしてくれるらしいよ。

献血は看護士のお姉さん(?)がめちゃテンション高くて、面白かった。
簡単なアンケートに答えたあと、医師による口頭質問がある。
その後、看護士さんに血液型調べられる。
その時に腕の血管が細い方で、血液型の検査するんだけど
血管の太さ調べる時に、「じゃあ、あっち向いてねー」とか言われたんで、
あさっての方向を向いてたら、「あっ、あっち向かなくて良いね」とか言われた。
律儀に向いてた僕の立場は・・・

そして、液晶テレビが置いてある献血する用の椅子に座って献血した。
献血始める前に椅子に座ってたら、横で献血してたおっちゃんが
「めちゃ痛いよ~。針めっちゃ太いしな(笑)」
とか言ってきて、若干ビビリ気味になった。
しかし僕の蚊ほどの度胸と、持ち前の協調性の無さで
おっちゃんを軽くあしらった。俺が手を出すと献血するぜ?

献血してる時に後輩も隣で献血してたんよ。
その時に、僕らの周りに看護士さんのお姉さん(?)たちが3・4人集まってた。
しかも異様に盛り上がった。
そうそう、看護士さんに「腕長いねー」って言われました。
すかさず「脚は短いですけどね」って言っときました(´;ェ;`)

んで、400ml出るまでに20分くらいかかった。
最初の質問の回答とかから逆算しても全部で1時間くらいかな。
全部が終わったら、ふらふらするのかと思ってたけど、
実際は特に変わったところは無かった。

その後ジュースとか飲んだり『SOYJOY』とか言う食べ物をむさぼった。
サンザシ味だったんだけど、結構おいしかったよ。
献血したらジュースとかお菓子がちょっとだけ無料らしい。ウマウマ。
平日の夕方に献血しに行ったんだけど、結構人がいた。
ギャル(?)みたいな人もいて、ちょっと驚いた。

献血の感想としては、暇があるときにしても良いんじゃないかと思う。
僕は輸血を必要とした怪我はしたこと無いんで、
献血することに使命とかは感じないけど、
特にマイナスポイントは無いからしても良いでしょうって感じ。
言うほど痛いとかもなかったしね。

ただ、しょっちゅうは出来ないらしい。
血液の量はすぐに回復するらしいけど、
成分の濃度がなかなか回復しないらしく、
400ml献血したあとで、次の献血できるのは12週間後。
こりゃ献血する人が少なかったら血液足りなくなるな。
それから全種類の血液が足りてないらしい。
A型が多いと思ってたけど、よく考えたら使う人も多いよね(・_・;