「 自炊 」一覧

刃の黒幕と言う砥石

刃の黒幕を買ってみた

これまでにも包丁を買ったり鍋を買ったりと調理器具を買ってきたんだけど
遂に包丁を研ぐと言うチャレンジをした。
これまでヘンケルスの包丁やグローバルの包丁を使っていた。
グローバルの方は切れ味が落ち難い、と言うもののもう10年弱経過していたヽ(´o`;

#1000と#5000

流石に切れ味が悪くなるわなぁって事なんだけど、徐々に劣化していったためか研ぎ直した後の切れ味に驚くレベルだった。
今回買ったのはちょっと高い部類だけど有名所のシャプトンの刃の黒幕シリーズ。
ずっと研ぎ続けるならオススメの有名所を買っておけって感じ?

砥石には番号付けされており、#1000とか#5000とか#12000とか色々あり、それは砥石の面の細かさを表している。
小さい番手でざっくり研いだ後に、大きい番手でピカピカに仕上げるというイメージ。
この辺もシャプトンなら#1000と#5000を買っておけば普通の人はOKらしい。
#8000とか#12000はピカピカにしたい人向け出そうな。
高い包丁を使っている人って事だね。

水につけている砥石

で、包丁の研ぎ方なんて知らなかったので以下のページを参考にさせて貰った。



この二つを見ていれば雰囲気はつかめるのではないだろうか?

最初はヘンケルスの包丁を研いだのだけど、#1000で10分間ほどシャリシャリしていたら黒い汁が出始めた。
鉄の包丁は研ぐって感じだけど、ステンレスでも全然研げる。
研いでいる途中に砥石が乾かないように水をかけるのを忘れないようにね。
#1000で10分ほど研いで、その後#5000で仕上げてトータル15分ほどだったかな?
水につけるところから包丁2本を研ぎ終えるまでで合計1時間くらいだった。

刃の色が違うのがわかるかな?

刃の付け根の当たりがピカピカになっているのがわかるだろうか?
研ぐ前は葉物の野菜が下まで切れていなかったりしたんだけど、
研いだ後はスパッと切れていた。
思っていた以上に高い効果に今後も定期的に研ごうかなって思うレベルだったよ。
興味がある人はぜひ買ってみてね。
買うときは必ず小さい番手と大きい番手を買おう。
小さい番手のみだと切れ味が微妙で、大きい番手だけだとめっちゃ時間がかかるみたいだ。
僕もハマっていったら#12000とかを買ったりするのだろうか。

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000
シャプトン
売り上げランキング: 41
シャプトン 刃の黒幕 エンジ 仕上砥 #5000
シャプトン
売り上げランキング: 237
清水製作所 庖丁とぎ角度固定ホルダー スーパートゲール
清水製作所
売り上げランキング: 554

キュウリとトマトがンマイ!

キュウリとトマトとニンニクがあるじゃろ?

最近台風のおかげでキュウリがめっちゃ値が上がっている。
その上に既に季節は秋だ!
季節遅れも甚だしい記事を投稿する!

ジップロック便利だね

キュウリを乱切りに、トマトをくし切りに、そしてニンニクを輪切りにしてジップロックへ投入!
ポン酢を具材の8割が浸かるくらいにどばどば入れる!
2~3時間つければ・・・完成!

一瞬で無くなる野菜

これうまいわ~。
Twitterで見かけて作ってみたんだけど、お手軽な上にお酒にめっちゃ合う!
普通の浅漬けとは違う風味でおいしい。
今回は生のニンニクで作ったけど、生特有の辛い感じが苦手なら粉末のニンニクパウダーとかつ買った方が良い。
僕も2回目以降はニンニクパウダーを使うようになった。
キュウリとトマトが美味しいうちに一度は作るべきだ。


ルクエペティートが大活躍

ルクエペティート

結婚式の引き出物でルクエペティートという物を貰った。
今現在これが大活躍している。
ルクエシリーズは電子レンジで簡単調理が出来るシリコンスチーマーの一種だ。
そして日本におけるシリコンスチーマーの開拓者的な存在だ。

塩鮭98円と水菜98円のコラボ

使い方は簡単。
上の写真のように適当にぶち込んで、電子レンジでチンするだけ。
今回は600Wで4分ほどチンしてみた。
マジックソルトを振りかけてみた。

塩鮭が簡単に調理できてる!

何が驚きって、後片付けが面倒な魚があっさり調理できるという点だ。
中性脂肪とかに効くDHAやEPAで有名なオメガ3が魚に沢山含まれていることは有名なんだけど、
その魚を簡単に調理できてしまうなんてすごいな。

ブラックペッパーなんかも振りかける

ピザ用チーズやブラックペッパーなんかも振りかけてみた。
同じように4分ほどレンジで加熱をしたら完成!

こってりした鮭

茹で野菜を作るだけでは無く、このようにこってりした料理もお手の物。

鶏肉と白ネギ

もちろん魚だけじゃ無いよ。
鶏肉なんかもあっと言う間に火が通って(゚д゚)ウマー
これは手抜き料理には欠かせませんなぁ。


鉄のフライパン買ってみた

僕は結構自炊する。
これまでも包丁を買ってみたりしている。
そんなわけでついに鉄100%のフライパンを買うことにした。

世の中にはフッ素加工やマーブル加工と言った物も安く売っていて、
しかも焦げ付き難いと言う利点まで備えている中なぜ鉄なのか。
それは長持ち具合が段違いだからだ。
フッ素加工は高温で熱してしまうとすぐお陀仏するし、
やはり経年劣化には耐えれずに被膜がめくれてしまい焦げ付くようになる。
それに対して鉄はめくれても鉄だ。
そして調理中に溶け出した鉄分があるので女性には良いね。

極!

今回買ったのはリバーライトの『極ザ・オムレツ』と言うフライパン。
公式ホームページが見つからないので参考ページはこちらへ
普通の鉄のフライパンや中華鍋はさび止めが表面に塗ってあるのでそれを焼き飛ばさなくてななら無い。
中華鍋が焦げるのを改善した
上記のページはさびた後の手入れだけど、買ってすぐに同様の事をしなくてはならない。

鉄のように真っ黒では無い

でも、リバーライトの極シリーズは表面が窒化鉄という物になっており既にさびにくい。
なのでさび止めが塗ってないのだ!
またさびにくいので日頃の手入れも楽ちんチン。
そんなわけで購入に至った。

光を反射するフライパン

今回買ったザ・オムレツは普通のフライパンよりも底が平らで、
餃子を焼いたりステーキを焼いたりする時に力を発揮する。
そんなわけでさっそくチキンステーキを作ってみた。

パリッパリ!チキンステーキ

鉄のフライパンはフッ素加工等と違い際限なく火力をつぎ込める。
そのおかげで鶏の皮をパリパリするまで焼くことが出来る。
だけど、直接費であぶってるのとは違い中まで火が通った上でふわふわに出来るのだ。
高価なステーキ屋で鉄板を使って焼いてもらった感じ!

焼きそば

今度は焼きそばを焼いてみた。
こ、これは!
海の家で食べた焼きそばや、祭りの屋台で買った焼きそばのように水分が飛んでいてシャキシャキだ。
この味が家で再現できるなんて驚き。

と言うわけで、こんな感じで適当に使っても大丈夫。
焦げ付いたとしても肉が離れなくなると言うこと全くなく、
その焦げもたわしでゴシゴシ落として大丈夫。
洗った後は自然乾燥と言われている。
自然乾燥してたらさびが浮き上がってきたこともあったんだけど、水で流せばさっぱり取れた。
洗った後は軽く火にかけて水分を飛ばした方が良いのかな?

そんなわけでこのリバーライトのフライパン、おすすめである。
適当に扱ってもさびないというのが良いし、火力を強くしてもいけるのがすばらしい。
ただ直径26cmのフライパンの重量が1700gと言うのが結構こたえる。
男性は楽だと思うけど女性は結構厳しいかもね。
ちなみにほとんどの場合Amazonで買っても底値だと思う。あまり安くならない。
僕が買った時は6500円だったよ。


最近の食事事情

ご飯、おいしいよね。
お腹、一杯になりたいよね。
自炊、これが近道だよね。

と言うわけで、携帯で撮ったご飯の写真をペタペタ貼っていこうと思う。
決してブログのネタがないからじゃないよ。

ほんだしが効いたゴーヤチャンプルー

一つめはゴーヤチャンプルー。
レシピはクックパッドを見てね。
ゴーヤチャンプルー
ゴーヤは結構安い時があるので、普通に定番メニューになってる。
鰹節があったらさらにおいしくなるよ。

ニンニクが効いた豚キムチ

次は『豚キムチ』。
僕はあまりキムチを買わないんだけど、買った時はこの豚キムチを作る。
と言っても野菜炒めにキムチを加えただけなんだけどねw
これを作る時は仕上げの一味唐辛子やガーリックパウダーが非常に役立つ。
イオン系列のジャスコとかマックスバリュだと100円で売ってるからそれを買っておこう。

生姜が効いたカツオの漬け丼

そして和食になる。
カツオのたたきの漬け丼
カツオのたたきを買ってきてポン酢に漬けて放置しておいただけなんだけどねw
生姜のすり下ろしと、玉ねぎの切ったヤツ、そしてポン酢とカツオをボールに入れて放置。
夜に作っておくと朝に炊きたてのご飯で食べれる。
わさびを乗せるとさらにおいしいよ。
カツオは若干魚臭いので生姜はあった方が良いかな。

隠し味の唐辛辛子が効いたキノコ丼

最後はキノコたっぷりの『キノコ丼』だ。
しめじとかエノキを適当な大きさに切り、挽肉と一緒に塩こしょうで少し辛目に炒める。
この時に粉末の唐辛子を加えると全体の味がしまる気がする。
炒めたら最後にしょう油を垂らして焦がし風味をつけて、火を止める。
水溶き片栗粉でとろみをつけて、再加熱。
ボコボコ泡立ってきてアツアツになったらご飯の上にかけて完成。
これ、簡単なのにマジウマ。

これらは全部200円くらいあれば出来る。
どんぶり以外は二人前くらいの量があるんじゃないかな?
他にもたくさん飯の写真があるんだけど、それはまたの機会に。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク