宗教 | 星光のつれづれ日記

宗教

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝バイトから帰ってくるとすんげえ面白いものがポストに入ってた。
内容を適当に要約すると、

原子核は陽子や中性子を構成するクォークからできていることが証明されている。
理論上ではさらにヒッグス粒子が考えられている。
仮に発見されないとすればクォークなどに内部構造がある可能性も否定できない。
すなわち三次元から四次元以上の入り口に踏み入れたのではないか。
(゜Д゜) ハア??
ここら辺りがいまいちわからん。
クォークの中は4次元ですかってんだい。

「物質を追求していくと原子から素粒子の世界に入り、
ついには量子力学では捕まえることのできない真空の世界に到達するだろう」
と、ある人が言った。
真空の世界は恐るべきパワーが秘められており、
その力界こそが霊界であると示された。
え?ちょwwww
意味不明だ
流れから考えると 原子核>クォーク粒子>霊界?

素粒子の世界の奥には霊の世界が存在することにやがて到達するでしょう

あほか・・・
そんなことになったら人間の体の中にどれだけ霊の世界があって
なおかつ今現在どれだけつぶれて行ってることやら・・・

人間の不幸の原因は霊の憑依らしい。
体の細胞の原子の中に霊界があったら解決できないよね、絶対。

ここまで批判的な意見を述べているが
現実にクォークの中身が検証されたのではないのかもしれないので、
この話は全部否定はできない。。。(中身があると実証されたのを探すのが面倒・・・)
もしかしたらクォークの中は霊界かも。

このごろ本当かどうかよくわからなくて、それらしい知識をひけらかしている
自分の思想や考えだけを述べた感想文みたいなものを見るな・・・
今日のバイトはメンバーが貧弱(僕を含む)でめちゃくちゃしんどかった。
うう~つらい