ロードバイクにハーフクリップを付けてみた

これすごく良い!
と思う。たぶん。

ハーフクリップって言うのは普通のペダルに付ける補助具で、
足が滑ってペダルからずれるのを防ぐ効果がある。
ただし写真を見ればわかるように横が空いており、いざというとき普通に外れる。安心!

最終的にビンディングペダルにするとしても、
ポタリングする時や、近所の買い物とかと言った軽い使用の時には絶大な威力を発揮すると思う。
それに安い。
ハーフクリップのお仲間にトゥクリップって言うのもあるんだけど、
そちらはつま先をストラップで縛り完全に足を固定するようになっている物がある。
それくらいするならビンディングペダルにした方がいい気がする。

ロードバイクに付けてみたと言ったけど、
僕が買った奴はマイナスドライバーとスパナで取り付けることができた。
普通の自転車にも付けることは可能じゃ無いのだろうか。

足が滑りにくくなる効果の他に若干だが引き足を使える。
つまり片足だけでペダリング可能であると言うことだ。
そのせいか坂道を登る時も無い時に比べると楽になった気がする。

まずはだまされたと思って買って見るべし!
取り付け時にペダルに付いている反射板を外す必要があることと、
取り付け時にワッシャー(?)の代わりの板が取り付けられなかった事に注意。
板は取り付けなくても今のところ問題ないよ。
僕の靴のサイズは25.5cm~26cmくらいで、下に張ったAmazonの商品がピッタリサイズだった。
サイズ違いも売ってるから気になる人は探してみてね。

by カエレバ