「 Android 」一覧

Ingressには活動量計のvivofitが最適

Ingressと呼ばれる仮想空間上での陣取りゲームがある。
IngressはAndroid版iPhone版が出ており、スマートフォンなら大体が遊べる。

で、Ingressをしているというブログの記事を見ると、
驚くほどの距離を歩いていたり、自転車を買うというリアル課金をしている人が多い事がわかる。
そしてその結果、何kgも痩せているのだ。
そう、動くことで体重が減るのだ。

vivofit

僕はこれまで歩数計を使っていた
それでも十分だったんだけど、電池切れもあって最新の『活動量計』を買うことにした。
それが上の写真のvivofitだ。

このvivofitはGARMINと言う会社が作っている。
GARMINはスポーツ系自転車のサイクルコンピューターや、マラソンのためのGPS付き時計とかを作っている大手だ。
特に自転車系ではトップと言えるほど。
そこが作っている活動量計を買うことにした。

選んだ理由は心拍数計と連動すること、電池が1年もつこと、防水である事辺りが大きい。

GARMINの心拍数計

まず心拍数計。
これは有酸素運動をする上で非常に役立つ。
ざっくり言うと有酸素運動は息が切れない程度の運動のことを指し、休憩をあまり取らずに延々と続けることが可能であるため脂肪燃焼に効果的である。
息が切れない程度の運動というのは心拍数でわかる。
これは大体の人間に共通している体の仕組みだ。
参考ページ
心拍数計はvivofitをハートレートの状態にして近づければ起動するようだ。

ANT+の通信規格

次に電池が長持ち。
電池交換なしで1年くらいもつらしい。
時計の表示とかもあるんだけど、それすべての機能をもっていて1年だ。
vivofitはANT+と言う規格で、活動記録をパソコンで管理出来る。
これにより達成感がバリバリ味わえる。視覚的に。
ANT+は非常に低消費電力の通信規格で、実は新しいスマートフォンにも搭載されている。
こんな記事を書いているけど、ぶっちゃけ新しいスマホなら心拍数計だけかってそっちで活動量を管理すれば良い。

最後に、防水である事。
活動量計と言うだけあって、ずっと身につけておいた方が良い。
そこで防水が効くというわけ。
vivofitは腕時計型なので、結構水に濡れる機会がある。

唯一の欠点は腕バンドが止めにくく、すぐ外れると言うことだ。
これに対してGARMINが無料で留め具を配布開始している。
届くのに6週間ほどかかるみたいだけど(笑)

ビフカツ!

運動していたらこんなビフカツも怖くは無い!
穏やかじゃない日々の始まりだぜ!

GARMIN(ガーミン) vivofit 【日本正規版】 122536
GARMIN(ガーミン) (2014-05-19)
売り上げランキング: 3,394
Garmin Heart Rate Monitor
Garmin Heart Rate Monitor

posted with amazlet at 14.10.19
GARMIN(ガーミン)
売り上げランキング: 2,923

Nexus7(2013)を遂に買いました

nexus7

いまどきータブレットPC持ってないとかイケてないヨネー?

っというわけで遂にタブレットPCのNexus7を買いました。
通販で。
なんかコストコで激安スターターセットが売っているそうだけど、全然知らなかった。

ついてきた物いろいろ

今回買ったのは32GBのやつ。
スマホが16GBでかなり容量厳しかったので32GBにしてみました。
写真を撮ったり、音楽とか動画を視聴することがあるなら確実に32GBにしておいた方が楽だ。
クラウドでデータを共有すると言っても、持って出たときにネットに繋がらない事の方が多いしね。
電池食うし。

タブレットのOSにはAndroidの他にiOSやwindowsがあるけど、
安さと便利さ求めるならAndroid一択になってしまう。
それにスマホがiPhoneじゃなかったらAndroidの方が色々連携出来て便利だよ。

最新版にさっそく更新

今回タブレットを買ったわけだけど、目的があって購入した訳では無い。
デジタル機器を使いこなせたら便利になるかなと思って買ってみた。
詳細はおいおい機会を見つつブログに書くとして、すぐに変わった事は電子書籍を見るようになったことだ。

電子書籍はAmazonで購入している。
税金とかの問題もあったりしてAmazonはなんだかなーと思ってるけど、
利便性と価格で圧倒的に普通の書店とその他の電子書籍を抜いている。

端末の性能としてはxperiaZより処理速度が速いようだ。
まぁあとから発売されたものだからそうじゃないと困るんだけど。

画面の保護フィルム

画面の保護フィルムは上の写真の物を購入した。
画面が光の反射でピカピカするのが嫌いなので、アンチグレアのものにした。
ぼちぼち張りやすかったのでは?
使い始めて3ヶ月くらい経ったけど特に問題は出てきていない。

またアプリのレビューや、家電との超時空連携のレビューを書きますね。
楽しみにしててね!


XperiaZを買っちゃいました

XperiaZ Black

2010年の12月に初スマホを買ってから約2年。
ついに買い換えの時期が来ました。
これまではGalaxySを使っていたんだけど、性能以外にあまり不満は無かった。
その不満もアプリの進化のせいで処理能力不足になりアプリが途中で落ちるくらいだ。

買い換えた理由は新品を買った方が月額に支払う料金が下がるからだ。
FOMAからXiへの買い換えなんだけど、Docomoを10年以上使っている人はXiの基本料金の
780円が1年間割り引かれるというサービスがこの3月末まである。
これと2年縛りを合わせると月額が7000円を切る。
ポイントが付く家電屋で一括払いすればさらにポイント還元が!

ray-out のクリアカバー

今回もレイアウトのクリアカバーにしてみたけど、若干失敗だったかも。
僕が買った XperiaZ は防水防塵機能が付いており、コネクタを挿す部分が開けづらい。
そのためクレードルにセットしてかっこよく充電するんだけど、
このレイアウトのクリアカバーは充電部分を余裕でふさいでいる。
と言うよりもこういったカバーを付けるとクレードルに入らない大きさになってしまう。

なので落とさない自信がある人はカバーを付けないままのかっこよさで攻めるべきだと思う。
その場合は液晶保護シートを手の脂や指紋に強い奴にすれば良いんじゃ無いかな?
絶対ブルーライトカットはやめた方が良いと思う。
SONYがBRAVIAの製作チームと一緒に作った綺麗な画面から青色を取り上げるとか
なんのためにXperiaZにしたんだと言わざるをえない。

メイドのめいちゃん!

今月は契約初月なのでiコンシェルが1ヶ月無料らしい。
なので何となくメイドにしてみた。
お金を払ったりしたらアニメのキャラとかに出来るらしいんだけど、
残念ながら1ヶ月以内にこのメイちゃんも解雇予定。

まだ使い始めて1週間くらいなのでイイヨーとしか言えないんだけど、一つだけ欠点が。
それはサイドボタンが勝手に押されすぎてマナーモードが解除されてしまうことだ。
そのための対策ソフトは『SideShield』というもの。
これを入れておけば大体安心。

これはまだ先の事なんだけどXperiaZは電池が内蔵式で取り外しできず、
電池交換時は修理に出す事になるらしい。
今のところ仕事中は時間の確認くらいしか携帯を使わないので
朝100%で帰ってきたら40%と言ったところ。
1年くらい経ったら1日保たなくなるんだろうなーと予想している。

電池交換の費用は約9000円なんだけど、
携帯保証サービスに入っていると修理扱いで5250円になる・・・かも知れないそうだ。
この辺は不明だけど、携帯保証サービスは入っとく方が良いんじゃ無いかな?

またなんか新しい進展があったらまとめてブログにしよう。
最後に『ARROWS X F-02E』と『ELUGA X P-02E』辺りとも迷ったんだけど、決め手はカメラの性能だった。
HDR撮影って言うのに興味引かれるんだよねー。


Androidを手に入れてから1年1ヶ月時のオススメアプリ

今からちょうど1年前に『Androidを手に入れてから1ヶ月時のオススメアプリ』と言う記事を書いた。
今回はそこから1年経った今現在使っているオススメアプリを紹介しようと思う。
前回紹介した『ジョルテ』とかはそちらを見てね。

ずっと現役のアプリ

ATOK
ATOK
 
 
言わずと知れた文字入力用のアプリ。
しかし1500円もする。高い。
他にも『Simeji』や『Google 日本語入力』と言った物もある。
このソフトの利点は変換が非常に賢いことが一つ。
そしてマッシュルームアプリが使えることだ。
『Simeji』もマッシュルームアプリが使えるけど、少し変換が雑だった。ATOKをダウンロード
『Google 日本語入力』はマッシュルームアプリが使えないそうだ。
なので総合するとATOKが一番僕の好みに合ってるかな。

twicca
twicca
 
 
言わずと知れたTwitter用クライアントアプリ。
他のアプリを試す必要が無いのでこれしか使ったことがありません!twiccaをダウンロード
投稿や返信も簡単にでき、画像の投稿もブラウザを開かずに見ることができる。
自分宛に返信が来たときは画面上部の通知バーに@が表示される。

ToyCam
ToyCam
 
 
カメラアプリ。
このソフトが良いところは音が出ないところと、
画像のサイズがちょうどブログ用なところ。ToyCamをダウンロード
普通の携帯カメラでも良いのだけど、ブログに投稿するときリサイズが地味に面倒なんだよね。
あと画像のサイズが小さいからなんだけど、画像自体の容量も小さい。
これで携帯の容量を食わなくてすむね。

乗乗換案内
乗換案内
 
 
電車の乗り換えを検索する用のアプリ。
これがかなり役立つ。
自分が普段乗る電車の時間はだいたい覚えてるんだけど、乗換案内をダウンロード
社外で仕事の時とかに電車を利用するときにさくっと調べられる。
料金とかもわかるので経費請求のときもばっちりだね。

かけ~ぼ
かけ~ぼ
 
 
簡単に家計簿をつけれるアプリ。
僕はこれでもう1年と1ヶ月家計簿をつけている。
タッチパネルでサクサク操作できるのがキモだね。
僕の家計簿の付け方はジャンル(食費とか被服費とか)を選択し、店舗名を記入。かけ~ぼをダウンロード
そしてレシートの金額を商品ごとに分割せず入力して終了だ。
超ざっくりとしかつけてないけど、1ヶ月経つと自分の消費傾向が見えてくるよ。

入れておくと楽しいアプリ

Tumblife
Tumblife
 
 
今、ちまたで大流行の『Tumblr』用のクライアント。
Tumblr?なにそれおいしいの?
おいしいです(^q^)
画像版Twitterみたいな感じかな。
もちろん画像だけじゃ無くて文章もイケる。
で、何が特徴的かというと『リブログ』と言うシステムがあることだ。Tumblifeをダウンロード
これはお気に入りに登録に近い。
とりあえず手探りで良いから使い始めると3日後にはよだれ垂らしながら反射的にリブログしてると思います。

cookpad
クックパッド
 
 
もう知らない人は居ないであろう『クックパッド』用の公式レシピ検索アプリ。
なぜパソコンで見られるのにスマホにインストールするのかというと、クックパッドをダウンロード
スーパーとかでメニューを決めながら買い物できるからだ。
変わった食材が安くで売っていたときとかに使うとレパートリーが増えて便利だよ。

発信確認 call confirm
発信確認 Call Confirm
 
 
このアプリは間違えて電話をかけるのを阻止するものだ。
メールしようと思って電話帳を開いたのに、間違えて電話をかけてしまうことあるよね?
タッチパネル、ムキュオー!!
そんな事を防ぐのがこのアプリ。発信確認をダウンロード
どんなものかと言うと、電話をかける前に確認が出るだけ。
それだけだけど、以外と助かります。

今後期待のアプリ

星座表
星座表
 
 
2.99米ドルの有料アプリ。
これは非常にロマンチックなアプリだ。
ほぼ役に立たないけど、非常に楽しい。
どんなものかと言うと、携帯のコンパスや位置情報からカメラが向いている方角の星座を画面に表示する。星座表をダウンロード
今の都会では夜空を見上げても星の光はもう見えない。
でもこのアプリがあれば見えてくるんじゃ無いかな。

LINE
LINE
 
 
データ通信で音声通話ができるアプリ。
使用用途は『Skype』と同じ。
では何が違うのか?
このアプリはIDで管理するんじゃ無くて実際の電話番号で繋がる。
初回起動時に携帯の電話帳を読み込んでいろいろしてくれる。
また、起動後にIDを作り、そのIDでも電話をかけることができる。
WiFiが使えるならもう普通の音声通話しなくて良いんじゃないかな。LINEをダウンロード
似たアプリに『Viber』や『カカオ​トーク』と言うのもある。
どのソフトが一番良いのかはもうちょっと試してからだね。

最後に

スマートホンを買って最初の数ヶ月は頻繁にアプリを探していた。
しかしもう1年も経つと入れ替わりは無くなってくるね。
なので今回紹介したアプリはかなり使える部類に入ると思う。
今後期待のアプリは未知数なところが刺激的だ。

まだまだ世の中には僕の知らないアプリや今後出てくるアプリがある。
それはまた次回があれば紹介します。


予定表を『Android→Googleカレンダー→パソコン 』で完全同期させる

少し未来の重要な事を忘れないために使う予定表。
多くの人は手帳にその予定表の役割を与えているだろう。
しかしここ数年スマートフォンの台頭により予定表は電子的に管理出来るようになってきた。
今回僕がdocomoのAndroid2.2を搭載したGalaxySを購入したことから、
Android携帯とGoogleカレンダー、そしてパソコンにおいてそれら全ての予定を同期させようと頑張ってみた。
結構手間なのでいつもより画像多めで長文解説になります。
 

はじめに

Googleカレンダーのアカウントはお持ちいただいているものとして話を進めたいと思う。
スマートフォンに関してもある程度使えるものとして進めます。
 
この方法はAndroidの使用を前提としているけど、
iPhoneでもGoogleカレンダーと同期できるソフトがあるならば、
そこから同様にパソコンと同期できるのではないだろうかと思います。
 

スマートフォンでの準備

まず使用するアプリは『ジョルテ』というものを使います。ジョルテのQRコード
これを使う理由はこれしか使ったことが無いからです。
そして不足をあまり感じてないからです。
ダウンロードは右のQRコードからどうぞ。
アプリの解説は『Androidを手に入れてから1ヶ月時のオススメアプリ』の下の方にあります。

インストールしたら設定をしよう。
僕はホームに4×4のウィジットをドンと置いている。

こんな感じの予定表

月を俯瞰して見れた方が予定の流れを把握できて便利なのでこうしている。
画面をタッチするとジョルテが起動するんだよ。

起動したらメニューを押して設定画面を開こう。

ジョルテのメニュー画面出してみた

設定画面から先は画面のスクリーンショットが撮れなかったので文章のみの解説になります。

まず『カレンダーの設定→カレンダーの選択』と進み、Googleカレンダーを選択しよう。
次は既にGoogleカレンダーのアカウントを持っている人のみ『入力カレンダーの初期設定』を『My calendar』以外に変更しておこう。
まだアカウントを持っていない人は後ほど設定してください。

次に一度戻って設定画面の各種設定を選択。
画面が変わったら一番下の方にスクロールし、『自動同期を使用する』にチェックを入れる。
同期間隔はお好みに。僕は6時間にしてます。

次はスマートフォン自体の同期設定を確認します。
ジョルテを閉じて、ホーム画面でメニューボタンを呼び出し『設定→アカウントと同期の設定』で自分のgoogleアカウントのカレンダー同期をONにしておいてください。
スマートフォンでの設定はこれでひとまず終わりです。

パソコンでの準備

まずはGoogleカレンダーを見るためにフリーソフトをインストールしよう。
Mozillaのメールソフトである『Thunderbird』をインストールしてね。
このソフトにアドオン(拡張機能)を追加してGoogleカレンダーと同期しようというわけ。
一つめのアドオンは『Lightning』と言うもの。
ダウンロードしてファイルを保存、そしてThunderbirdを起動しよう。
起動したら上の方にあるツールの中からアドオンを選択。

上の方にあるツールの中からアドオンをクリック

アドオンの枠が開いたらインストールをクリックして先ほどダウンロードした『Lightning』をインストールしよう。
インストールが終わると再起動をしろと言われるので再起動しよう。

次に『Provider for Google Calendar』をインストールしよう。
インストールする手順は先ほどと同じなので省略します。

インストールが終わったらこのソフトとGoogleカレンダーを同期させます。
まずGoogleカレンダー側でカレンダーのXMLアドレスを手に入れる。
Googleカレンダー』へログインし、画面右上にある設定から『カレンダー設定』を選択。
開いた画面中のカレンダータブをクリックし、同期させたいカレンダー名をクリックしよう。

Googleカレンダーの設定

すると次のような画面が開くので、カレンダーのアドレスの中のXMLをクリックする。
そして出てくるアドレスをコピーしよう。

カレンダーのアドレスをコピーしよう

コピーしたらThunderbirdの設定に戻ります。
上の方にあるファイルから新規作成を選びカレンダーを作ります。

カレンダーの新規作成

そしてカレンダーをネットワークサーバに保存します。

カレンダーの保存先

Googleカレンダーを選択し、その下に先ほどコピーしたXMLアドレスを入力します。
そして次へをクリックすれば同期したカレンダーができあがります。
試しに予定を入力したりしてみてください。

XMLアドレスをコピペしよう

最後に

この方法の利点はGoogleカレンダーという大本を使うことによって、
携帯とかパソコンとかから総合的に予定を管理出来るという点だ。
パソコンにThunderbirdを入れることで一気に予定を追加したりすることもできる。
それをAndroidで外出先から確認する。

この方法で大体いけると思うんだけど、
重要度の割り振りや完了した予定などの管理がイマイチ詰め切れてない。
また良い方法を見つけたら公開しようかな。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク