睡眠を補助するアミノ酸・グリシンを飲んでみた

一日がもっと長かったらなーと思う今日この頃。
する事としたい事を全部してたら睡眠時間がドンドン削れる。
かと言って睡眠時間を削ったら体調が悪くなり、
昼間の行動がおろそかになってしまう。
どうしたら良いのかなーと考えてたら面白そうな物を発見。
それが『グリシン』と言うアミノ酸。
グリシン – Wikipedia
効果は現在お試し中と言ったところで、目に見えてわかるような劇的な変化はまだ無い。

グリシンは非必須アミノ酸で体内で合成も出来る。
なんだけど、睡眠に効果が出るためには量をまとめてとる必要があるようだ。
睡眠の質を良くするアミノ酸・グリシンの効果
色々ネットで探してみたけど、有名なのは2種類だ。
一つは上にある画像のグリシン。
もう一つは味の素が販売している『グリナ』と呼ばれる商品だ。

このグリナという商品、最近よくネット広告で見る。
ただ、値段が結構高く、気軽に試す事がしにくそうだ。
とは言うものの化学系の研究室で使用する実験用グレードも同じくらいの値段だった。
Glycine 東京化成工業
25gで2200円だから、1包あたりと同じ量で換算したら264円だ。
んーこんなものなのかな-?

と思ってたら500g4000円でも販売されているのか。
これを1包辺りに換算したら24円・・・。
グリナはどんだけぼったくりなんだろな。
研究費がかかっているから仕方ないかな。

そして今回買ったのはこの商品。
これは1包辺り30円でかなり安い部類に入る。
お試しで買うならこの辺でも十分じゃなかろうか?

調べてわかったのは同じ成分の商品がいくつかの会社から出ている。
おそらくグリシンが睡眠に効くと言うのを発見したのは味の素で、
その発見に至るまでの研究費が商品に上乗せされているのは仕方がない事。
そしてジェネリック医薬品同じように、
最終製品が同じでも特許の関係とかで製造工程が異なる場合があるかも知れない。
その辺の事を考えながら自分が気に入ったのを買ってみるのも有りですね。