コーヒーを飲むためにネスカフェドルチェグストを買った

ネスカフェドルチェグストを買った。
これはコーヒーを飲むためのもので、インスタントでは無く粉で作る系。
ただしその粉はカプセルに入った専用品。
旨さで言うと、自分でドリップする程度にはイケてると思った。

ドルチェグスト用のカプセルは安くて16個入り924円。
つまり1杯58円くらいするって言うこと。
これはドリップするコーヒー豆のちょっと高い品と同等と言える。
インスタントよりは圧倒的に高い。

しかしながらモカやオリジナルブレンド、リッチブレンドなどなどかなり多くの種類がある
なので気分で色々変えられる。
この辺が豆とは違うところかな。
豆は粉にしたら頻繁に飲まないとすぐ酸化しちゃうもんね。
カフェラテとかもあって1杯120円くらいになるけど、家で飲む分には十分おいしい。

今回買った装置はドルチェグストの中でもジェニオ2プレミアムって言う種類。
他にもピッコロって言うのがあるんだけど、ジェニオの方はお湯の量が自動で止まるのでそちらを選んだ。
カプセルにはちょうど良いお湯の量があるのでジェニオの方がおいしい状態で飲みやすいと言うわけ。

今回はネスカフェ公式通販で購入した。
時々キャンペーンをしていて、割引+カプセルいくつかで本体分の値段って事がある。
一応下にアマゾンの商品リンクを張っているけど、公式通販で買うのが一番安いと思う。

カプセルには公式通販で定期便って言うのがあるんだけど、それを利用すればジェニオが無料って言うキャンペーンをしている。
しかしカプセル60箱購入が条件だったので、週末くらいしか飲まない僕は本体買い切りでカプセルをスーパーで買うことにした。
湯水のようにコーヒーを飲む人は定期便を利用しても良いかもね。