’13 食博覧会・大阪へ行ってきた

友達がチケットをくれたので行ってきました、食博覧会
誘われるまでこのイベントがあることを知らなかった。
食博覧会、通称・食博は4年に1度開催されている食べ物の博覧会で、
ここ最近は毎年60万人以上が来るそうだ。
実際に今回行った当日も開催時刻直後で上の写真のように結構人がいるような有様。
昼時にはもう人人人・・・という感じだった。

博覧会と言うだけあって各国、各ジャンルの食べ物が沢山あった。
まずはその中でも洋菓子による菓子細工を見て回った。
と言うか入り口の近くにあったから行ってみた。

ケーキとかに乗ってたりする小さい細工はよく見るけど、
写真のような大きい細工は生で初めてみたかも。
みんな素直にすごいと思うだろう。

もちろん洋菓子だけじゃなく和菓子もあった。

見るための食べ物だけではなく、写真のようなコース料理も展示されていた。
各国のウェディング料理みたいな感じで。
実際の式場みたいにいくつかテーブルが置いてある中に展示されていたので、
写真を撮るのはあきらめたんだけどね。

さて、ここからが食博の本番だ。
飯の時間だ!
まずは『くれおーるのたこ焼き』。
あまりの空腹に耐えきれず、ふらっと寄ったのがこのお店。
なんか結構有名だったみたい?

味の方はもうバツグン!
アッツアツのたこ焼きとひんやり冷たい半熟玉子の相性が良い。
しかもタコの食感だけで無くネギのシャキシャキ感も合わさって食べるのが楽しい。
これが500円だったかな?
たこ焼き、って考えると高いけどこう言う食べ物と考えると有りだ。

次は『神戸屋のカツサンド』だ。
これがまたふんわりしていて美味しかった。
カツがしっかりした主張をしているのは当たり前として、パンがうまい。
まぁパン屋が作っているので当たり前と言えば当たり前なんだけど、
甘辛いカツのソースとほのかに甘いパンが相性最高。
あっと言う間に食べ切った。もう一度食べたい。

最後はデザートにトルコアイスを食べた。
トルコアイスは粘性が高い事で有名で、たぶんどこかから商品化もされていると思う。
これを目の前で練りながらコーンに乗せてくれるんだけど、
その時に使っているヘラにひっついていますよ、と言うのを見せるためにコーンを引っ付けて振り回す。
コーンを客に取れと指示してくるんだけど、掴もうとするとひっくり返してくる。
もう子供達が大喜びで店先はてんやわんやしていた。

味の方は、と言うよりまずは食感が変わっている。
なんかプリンとしているというかモチッとしているというか。
普通のアイスみたいにシャリシャリとか、サクっという感じではなかった。
味は普通のアイスとそう変わらなかった。

そんなこんなで楽しい食博も終わった。
お腹がいっぱいすぎてかなり苦しくなってきたので帰宅することにした。
疲れすぎて家に帰ったら昼寝をしてしまい、ぐーたらな一日になったことをここに書いておこう。


コメント

  1. かみゃ より:

    なにそれ、めっちゃ楽しそうなイベントじゃん。
    広島の方では菓子博があったよ、こっちは5年に一度くらいのペースであるっぽい。
    まぁ行けてないんだけどね…。

  2. hosimitu より:

    楽しいイベントだよ-。
    なんか関西圏は電車網が発展してるせいか、そこかしこで小さいイベントが開かれてるっぽい。食べ物に限らずね。

    菓子博は前に姫路であったやつかな?
    あれも行きたかったけど駅から遠かったからやめたんだよね。
    次機会があったら行ってみるか。

    最近のマイブームはバルって奴だ。
    去年もブログの記事にしたけど、楽しいよ!

  3. イ毛メン より:

    食博覧会かー!!!これ若干、僕が今やってる仕事に関わるとこがあって、職場の皆で、観光しに行こうかって話してたやつなんだよ。
    どれも旨そうだね!!!タコヤキが良いな!!!!

  4. hosimitu より:

    まじか!
    いつの間にか日本を代表する仕事に関わるようになっていたとは∑(‘0’*)

    他にもたくさん美味しそうな店があったんだけど、お腹いっぱいすぎて難しかったな。
    できたら実店舗のパンフレットとかを入り口に一覧で置いていてくれたりしたら、後日に楽しめたんだけどな。