『レガリア』と言うマットレスを買いました

みんなは睡眠してるかい?
僕も今はしてるよ。
人間は夜に睡眠をとる。
時間で言うと平均約8時間くらいかな?
これはつまり1日の3分の1、もっと言えば人生の3分の1が睡眠と言うこと。

人生の3分の1をもっと快適に過ごせば、残りの3分の2も快適になるのでは無いだろうか?
以前の記事で高価な椅子を買ったことを書いた。
その理由は椎間板ヘルニアを患ったため、足腰に無理がきかなくなったからだ。
そこで一番長い時間同じ姿勢を保つ睡眠を改善しようとしたわけ。

よく言われる話の一つに腰痛持ちの人は硬い布団が良いと言うのがある。
その理由の一つに寝ている間に骨盤等の骨の配置を固い地面で矯正するというのがある。
しかしながら硬い布団では自重を点で支えることとなり、
人によっては腰が反ってしまって更なる腰痛を招く一つの要因となる恐れがある。
そこで結構高価なマットレスを導入することにした。

今回もまた大塚家具にお世話になった。
この店を選ぶ理由は有名メーカーのシーリーシモンズフランスベッドなどがあるから。
つまりその場で比べられると言うことだ。
ここで最重要なのが寝転んで実際に試してみると言うこと。
ただし、ちょっと寝転んだくらいでマットレスの真価はわからないのであまり意味は無いかも知れない。

またメーカーの違い以外に『ベッドの上にマットレスを乗せるタイプ』と
『ボトムと呼ばれるマットレスの上にマットレスを乗せるタイプ』がある。
その違いは歴然だ。
ベッドには収納付きのタイプがあったりして、生活をしていく上で非常に便利だ。
しかしながらその収納は結構湿気るらしく荷物を入れておくには考え物だそうだ。

ここでたぶん聞いたことが無いと思われるボトムについてだけど、
ボトムは上で書いたようにマットレスを2個重ねた様なものだ。
ベッドとボトムで寝心地を比べてみたんだけど、その差は歴然だった。
ボトムの方が断然ソフトで柔らかく包み込んでくれる感じだ。
腰痛持ちはこちらの方が良いのでは無いだろうか。ぜひ試して欲しい。

そんなわけで大塚家具自身が作っているマットレスシリーズの『レガリア』と言うのを購入した。
このレガリアシリーズは大塚家具とキングスダウンと言うところが共同で開発しているらしい。
やたらと店員が勧めてきたんだけど、まぁそれはこの辺が関係しているんだろうね。
今回購入したのは一番安いモデルのロイヤルセレニティーと言うやつ。
もう一つ上のロイヤルセプターって言うのと迷ったんだけど、違いがわからなかったので安い方にしておいた。
もう一つの理由は高価になればなるほど柔らかくなるので腰痛持ちには気になる感じだ。

柔らかさに関しては腰痛にどのように効くかは断言できない。
人によって合う合わないがあるらしく、固いのが合う人や柔らかいのが合う人がいる。
マットレスの値段は非常に高いけど、試してみてねとしか言えない。
要はお尻の沈み具合とそれ以外の沈み具合のバランスなんだと思う。

マットレスを使用するに当たって他にも色々いる物がある。
その一つにベッドパッドというのがある。
これはシーツとマットレスの間に敷いて汗を吸わせるものだ。
羊毛や綿、化学繊維等があるけど僕は綿の安いやつにしておいた。

マットレス、ボトム、シーツ、ベッドパッドを合わせて10万ちょっとだった。
これらはマットレスを運用する上で最低限必要なものだ。ボトムはベッドでも代用可能だけどね。
大塚家具にはもっと安い物や100万オーバーのものまで色々あるんだけど、
自分の予算から絞り込んで性能の高いやつとなるとこれくらいの値段に落ち着いた。

また数週間したら使用感を記事にしようと思う。

2012年12月10日 追記
使用後の感想を短いけど書きました。