楽天のkobo touchを買った

シェアする

随所で非難ごうごうな楽天の『kobo touch』を買った。
これは電子書籍を読む端末でE-Inkと呼ばれる物だ。

iPadとかのタブレットと違うのは白黒と言うことと、
その代わりに電池もちがやたら良いことである。
アプリとかは基本的にインストール出来ない。

このkobo touchはパソコン経由でアクティベーションする必要がある。
僕は予約して買ったので発売日にアクティベーションした。
しかしながらサイトがやたら重かったのと、
そもそもアクティベーションするために必要なソフトがどこにあるかわからず非常に苦労した。
結局外国のkoboのサイトから取ってきた。

んで苦労してアクティベーションした結果がこれだ!

書籍数がすごいと大々的に宣伝して、その大部分が有志の手で作られている青空文庫だったというオチ。
しかも元から入っていたサンプルは表紙と最後のページしか入っていないという斬新な形。
そして表紙が全部同じなのでどれがどの本なのかさっぱりだ。

「細かいことで騒いでいるのはせいぜい2、3000人の少数派ですよ」 楽天・三木谷社長、Kobo騒動を語る

ミッキーも言ってるけど、その姿は滑稽にしか見えないところがミソ。
これが炎上マーケティングと言うものだろう。
日本で売る物を日本語で考えれない日本人とかギャグすぎて受ける。
レビューが消されたのは本当だ。
これは最高のオポチュニティだぜ!

技術者が言ってることは至極まともなんだけどね。

で、使い勝手はぼちぼち良い。値段を考えればかなり良いと思う。
初期設定の敷居の高さは置いておいて、本を読む分には見やすい。
小説とかは文字がくっきりしていて、本体自体も軽いので持っていても疲れない。

電子書籍の値段は普通のリアルの本とほとんど変わらないので正直微妙だ。
今のところは青空文庫のみでかなり満足だ。
むしろそれが目的で買ったような物だし。
電子書籍の拡張子はepubと言うもので外国では結構主流となっている。
つまり青空文庫的なものが外国にもあり英語が行ける人はそちらも読める。

またこのkobo touchではPDFも読めるんだけど、非常に読みにくかった。
まだまだこの辺は改善の余地がありそうだ。

本が本当に好きな人や新しいガジェットが好きな人は買いだね。
それ以外はkindleが出るか、もうちょっと電子書籍が発展するまで待ちが良いだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. かみゃ より:

    炎上マーケティングwwww
    ちょっと変わったもの・新しい物好きのhosimitu氏の購入の動機が気になります。
    わかってて地雷踏んだようにしか見えないのでwww

    三木谷氏は経営者としてあまり評価されてないっぽいしな。楽天トラベルのバス事故やら、社内公用語を英語に、とか。

  2. hosimitu より:

    まぁ炎上マーケティングかどうかは別として、
    kobo自体は海外でamazonのKindleと同じくらいか、それよりも大きな勢力らしい。
    だからシステム自体は良いんじゃないかなと思う。
    実際日本語対応が残念なだけで、英語出来れば本を読むくらいは簡単だしね。
    設定とかもほぼないし。
    あと楽天ポイントが溜まってたから4500円くらいでゲットしたんよw
    それがメインだな!
    お金あったらiPad買ってる。

    ミッキーが評価されてるかはよく知らないけど、迷走している感はあるよね。
    考えすぎて逆にちょっと外してるような。
    一番困るのは楽天の商品のページが縦長すぎて注文までたどり着けないことだけども。

    あ、あと余談だけど、『www』とか付けてるとブログの機能でURLと誤解されてスパムへぶち込まれたりするんで気をつけな!