危険な魅力のガスファンヒーター

シェアする

寒すぎ。
部屋寒すぎ!
エアコンあるけど暖まらない。
さすが寒そうな名前の霧ヶ峰!(超年代物)

そんな寒い我が家なんだけど、賃貸なので石油ストーブが使えない。
賃貸の管理業者に聞いたんだけど、大半の賃貸では石油系暖房機使えないっぽいね。
火災の心配なんだろうけど、それならたばこを全面禁止にした方が良いのにな。

で、ガスなら使えるそんな都会に住んでます。
ただしガスファンヒーターを接続できるガス栓が必須だ。
下の写真みたいなやつね。

このガス栓はゴムホースを繋ぐのでは無く、パッチンとジョイントで繋ぐようになっている。
元栓の実物はたぶん電気屋とかのお店に置いてあるので自分の家の物と比べてみよう。
携帯で写真とか撮っていくと見比べることができて便利かな。

今回はヤマダ電機でガスファンヒーター『型番140-9332』とそれ用のガスホースを買ってきた。
本体が13800円で5mのホースが2980円だった。
ネットで買うともうちょっと安いのがあるかもね。
この大阪ガスのファンヒータ-、なんと保証は大阪ガスがしてくれる。
普通は家電屋とかが独自にしたりするのが多いけど、大阪ガス社製の製品は大阪ガスが3年間みてくれる。

ファンヒーターの燃費はガス代で換算すると1時間16円くらいらしい。
ただし木造6畳において20度に暖めたときだけどね。
エアコンと比べたらちょっと安く、石油に比べたらちょっと高いガスファンヒーター。
ほかの利点はガスを燃焼させてるので水分が生じて湿度が高くなること。
冬場は乾燥することが多いのでこれは地味にありがたかったりする。
排ガスも石油に比べたら硫黄酸化物とかが少なくてクリーンだそうだ。

あと暖まるのがやたらめったら早い。
5秒後にはもう熱風が出ていて室温もぐんぐん上昇した。
これはすごいぜ・・・(;゚д゚)ゴクリ…
この冬はこれと膝掛けで乗り越えるぜ!

大阪ガスのファンヒーターのホームページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク